平成17年6月1日号
5ページ

  

 
 
(320)  


  信心深く世話好きでおしゃべり、典型的な
  日本の母親像、一家団らんがほほえましい

子殺し親殺し

  子が親を殺し、親が子を殺す。先生が生徒にセクハラをする。先生が同僚からのイジメを受け自殺をする。ノイローゼで入院する。信じられない事が次々に起こっている。暗くて、しんどい話ばかりで何を信じて生きれば良いのか判らない。こんな世の中で、どのように子供や生徒に対応していくのか頭は痛い。
  社会や大人の出鱈目ぶりが確実に子供をダメにしている現実が恐ろしい。幾ら口先だけで説教しても子供たちに伝わらない。大人たちが変わる事が大切なのだと思う。
『心に残る母のひと言』
  「おしゃべりで、我が侭な人」。いつも親類からは疎んじられているが、私に取ってはかけがえのない大切な母である。田舎者で正直なため、ハッキリ物を言っていつも親類から誤解を招いている。根は優しくて、人の世話が大好きで、おしゃべりな母である。人が良すぎて、思った事を口に出して言うので嫌がられる。そんな嫌なところも一番似ているのが私であるらしい。
  信仰しているせいで自分の事よりも人さまの事ばかり心配している。母の口ぐせは「朝・晩、神様にお祈りしなさい。感謝して生きなさい」である。なに気ない言葉であるが、お蔭で元気で守られている。自分の事もままならないのに人さまの事ばかり考えて生きている陽気で、元気な母を見ていると信仰を持つ人の強さをしみじみと知らされる。決して仲の良い一族ではないが、それでも今日までいろいろな事を経験をしながら暮らして来られたのも母のお蔭である。

優しい祖母

  いつまでも今のような形で、おしゃべりで、我が侭で、親類をかき回しながら元気で暮らして下さい。嫌がる人もいるが優しい人の良い上品なおばあちゃんと誉めてくれる人も多い。
  いつまでも元気で子供、孫たちを守って下さい。
【写真】心の乱れを癒してくれる我が家の生花。



  〜6月住之江日程〜            (地下鉄、市バス、住之江公園駅下車)
 <水無月ほほえみ競走>
   2木   3金   4土   5日

 <GT ダイヤモンドカップ>
  11土  
12日  13月  14火  15水  16木
 
 
場外発売<SG 第15回 グランドチャンピオン決定戦(下関)>
  21火  22水  23木  24金  25土  
26日

 <第41回 ダイナミック敢闘旗>
  23木  24金  25土  
26日  27月  28火

 場外発売<GT 蒲郡競艇開設50周年記念競走(蒲郡)ナイターレース>
  
30木  7/1金  2土   3日   4月   5火


   「イラク現地からの報告会」 5日開催

  今なお混迷を続けているイラクの現状についてMDS(民主主義的社会主義運動)では東京、名古屋、京都と報告集会を開催しているが5日(日)午後1時から、大阪北区の新梅田研修センターで「進め!イラク自由会議」をテーマに「MDS国際連帯のつどい」を開催する。
  講師にはイラク自由会議議長のサミール・アディル氏が「占領軍・イスラム政治勢力の暴力とイラク自由会議IFCのめざすもの」と題して講演するほか、MDS委員長の佐藤和義氏が「イラク自由会議と日本の民主主義運動の果たす役割」について講演する。
 入場料千円。
  問い合わせー電話06・6934・8512

発行所:大阪ジャーナル