平成17年11月1日号
5ページ

  

 
 
(323)  


          教育現場は事なかれ主義がはびこり、実体は
         荒れ放題、教師間の不信感、不公平感が一因

  最近、テレビで教育問題がよく取り上げられている。近くの学校の先生たちも出ているので生徒たちの話題にも上がっている。
  しかし、生徒たちが、どのような目で教育の混乱ぶりを見ているのか気になるところである。マスコミが、教育問題を取り上げてくれるのは有難い事ではあるが、酷さだけを煽り立て興味本位に放映するのは問題である。
  テレビ放映後、今の教育や学校はどうなっているのかと多くの人に聞かれた。確かに、教育の現場がおかしくなっている事は認めなければならない。おかしくなっている現況の原因の一つは教師間の不信感ではないのかと思えるのである。
  昔は学校では生徒に先生の悪口は絶対に言ってはならない事になっていたが、現在はそれが守られていない。何気なく言っている他の教師への批判や悪口がどんなに生徒に悪い影響を与えているのかをもっと考えなければならない。悪口だけでなく、気にいらない人をのけものにして、学校におれないようにしている現況は酷いものである。
  強い意志の人はそんな現況にも耐えていけるが、弱い人は、転校したり、心を病んでいくのである。それを病気になるまでやるのはバカだとか転校するのは、負け犬で逃げていったのだと悪評を流している。そんな学校がうまくいくはずがない。
  表面的には何もないが、少し注意して見ると学校内は荒れ放題である。いたずらにしてもこれまでするかと思う事が日常平然と起こっているが、教師は知らぬ顔である。まともに授業がなされている教室がどこまであるのか疑問である。
  不公平感のために、教師がやる気を無くしている事だけは確かである。
  教師を厳しく締め上げるような方法だけでなく、基本的な事を改めない限り、学校は良くならないと思うのである。
【写真】
  修学旅行の楽しい思い出(長野県)


 
 〜11月住之江日程〜            (地下鉄、市バス、住之江公園駅下車)

  <第24回テレビ大阪杯争奪大阪スーパーレース>
    4金  5土  
6日  7月  8火  9水

  <第45回スポニチ杯争奪阪神杯>
   15火 16水 17木 18金 19土 
20日

  <一般競走>
   
27日 28月 29火 30水

  場外発売<宮島51周年記念(宮島)>
    
6日  7月  8火


 「青少年育成研究大会」 12日開催 入場無料

 大阪府、青少年育成大阪府民会議など関係19団体では来る12日(土)午後12時半から大阪府青少年会館で「ユースくんOSAKA2005」ー青少年育成研究大会を開催。入場無料。
  最近、青少年による凶悪犯罪の発生や非行・いじめ・不登校などの青少年問題は非常に憂慮すべき状況で、これらの背景の一つとして、規範意識に欠ける大人社会の風潮が影響していると言われており、まさに「子供は社会を映す鏡」。そこで広く府民をはじめ青少年関係機関らが一堂に会し、「大人が変われば子供も変わる」をテーマに講演会や分科会を通して共に考え、今後の青少年健全育成活動に生かすための催し。


  全国初の風俗案内防止条例案など 議案可決  〜 府議会閉会 〜

 大阪府議会は先月21日、府の第3セクター「りんくうゲートタワービル社」への追加支援策を盛り込んだ補正予算案や温暖化防止条例案、風俗無料案内所の営業を規制する全国初の風俗案内防止条例案など、計71議案を可決、閉会した。

発行所:大阪ジャーナル